タイヤのゴミ・ほこりを90%以上除去する粘着マット

リフトマット®はフォークリフトや運搬車、AGVなどのタイヤに付着した毛髪やほこりを90%以上除去する粘着マットです。
水洗いで繰り返し使用でき、ランニングコストとゴミの大幅な削減に貢献します。
下記のようなお悩みをお持ちの方に最適です。

  • ・異物対策に取り組んでいるのに、毛髪やほこりの混入でクレームがあり困っている…
  • ・毎日、工場の床掃除をしているのに、 タイヤ痕が残ったりすぐに床が汚れてしまう
  • タイヤ自体を掃除してキレイにしたい が直接拭くのは難しいし、めくるタイプの粘着マットではシートの巻き込みが心配…
  • ・監査で異物混入への取り組みをアピールしたい!

特 徴

90%以上の高除去率マット

粘着性のあるゲルがタイヤ表面の細かな凹凸になじみ、目には見えないサイズの汚れまで吸着・除去。タイヤ3回転分の走行をマット上で行うことで、汚れの90%以上を除去することができます。

ATP(+AMP)ふき取り検査
除去率試験結果 めくるタイプの粘着マット
60 90%以上
試験方法:ATP (+AMP) ふき取り検査
測定器具:キッコーマンバイオケミファ製 ルミテスター
試験内容:室内をフォークリフトで1分間走行し、タイヤに付着した汚染物質を測定。その後、同リフトでリフトマット上を走行し、再びタイヤに残った汚染物質を測定。
粘着力試験/除去率試験
粘着力試験結果 洗浄回数
未使用品 200回 400回 600回 800回 1000回
粘着力 100% 100% 91% 100% 91% 91%
除去率試験結果 洗浄回数
未使用品 200回 400回 600回 800回 1000回
除去率 100% 102% 94% 105% 90% 92%

試験方法:90°ピールにおける粘着力試験/引張強度試験
測定器具:日本電産シンポフォースゲージ/島津製作所製 万能試験機オートグラフ
試験内容:住友フォークリフト社製 車重約2tリーチリフト使用。1000回繰り返し通行し、粘着力・強度を確認。
     ※未使用品は100%とする。

継続使用による除去率テスト

試験方法:ATP (+AMP) ふき取り検査
測定器具:キッコーマンバイオケミファ製 ルミテスター
試験内容:
1tフォークリフトで5~10回/日程度、加えて台車で数十回/日通行。2年1か月後、リフトマットの除去率の変化を測定。
※清掃は毎日1回ずつ実施。

繰り返し使用可能

汚れによって粘着力が低下したときは、専用洗剤または水でマットの表面を拭くことで汚れがキレイに落ち、粘着力が復元して繰り返しお使いいただけます。
(※通行台数が多い場合は清掃回数を増やすか、設置面積を増やしていただくことでクリーン効果を持続できます。)

総重量約4tに耐えられる強度

重量車両の通過に耐えられる、高強度の粘着ウレタンゲルを採用。マットが破れたりタイヤに巻き込まれたりしにくい設計になっています。

敷き詰め施工が可能

従来の粘着マットでは難しかった「床一面への敷き詰め」ができます。エアシャワー等へ敷き詰めることでエアで吹き飛ばされた毛髪や塵埃を吸着し、再飛散を防ぎます。

難燃剤配合

難燃規格UL94 V-2相当の商品です。

動画でチェック

活用場所

ゴミ、ほこりの持ち込みが気になる場所でご活用いただけます。
従来の粘着マットでは難しかった重量車両のタイヤ汚れが除去できるので、重量運搬車の屋内通路やエアシャワー内を含む通路床面への敷き詰め施工が可能です。

商品ページ

更衣室

重量運搬車の通路

清潔エリアの前

エアシャワー内

設置場所

下図のように設置いただくと効果的です。

使用方法

設置方法

1.設置床をキレイに掃除します。

2.「床面」シールが貼られた面のフィルムを剥がし、霧吹きで濡らします。
※シールが貼られていない面のフィルムは剥がさないでください。

3.設置床にマットを敷き、フィルムを剥がさずにプレッサーローラー等で
水や空気を押し出して、水気を拭き取ります。
※濡らした面を下にして敷いてください。

4.表面のフィルムを剥がし、両端にアルミスロープを設置します。
マット・床が乾いたらご使用いただけます。
【※目安:1晩(10~12時間)、踏まずに乾燥】

■注意事項
※屋外や、屋外から屋内への直接の搬入口などでの設置は、素材のウレタンを劣化させる熱や紫外線の影響が大きいため使用に適しません。
必ず屋内の通路にご使用ください。

※床やマットが濡れている間は滑りやすくなっています。また、水や油で濡れた状態の靴やタイヤでは通行しないでください。

※マット上で車両を転回させたり、運搬物がマットに引っかかるとマットが破損する場合があります。
またマット上でのリフトの停止や急発進もお控えください。

※凹凸のあるコンクリートなどの床面には設置することができません。塗床や樹脂床が適しています。
(設置場所によっては塗装などが剥がれる恐れがあるため、マットを取り外す際は端からゆっくり剥がしてください。)

※厚みのあるマットのため、床とマットの段差が気になる場合は、アルミスロープをご利用ください。

※軟質塩ビ、可塑剤の多く含まれている床への設置はお避けください。

使用方法

タイヤのサイズと対応マットについて
項目 タイヤ直径(mm)
Φ200 Φ250 Φ300 Φ350
タイヤ3回転分に必要な長さ 1884 2355 2826 3297
おすすめのマットの長さ 1800 2400 3600 3600

リフトマットはタイヤ1回転分の走行で、タイヤについた細かいゴミやほこりを約60%、3回転分の走行で90%以上除去します。より効果的にマットをご使用いただくために、お使いの屋内車両のタイヤが3回転できる長さを目安に、サイズをお選びいただくことをおすすめいたします。

タイヤ3回転分を目安に通行してください。

マットが汚れてきたら、清掃方法を参考に水または専用洗剤で清掃をしてください。

※大きなゴミや硬くて鋭いゴミのある場所はマット表面が傷つく恐れがあり使用に不向きですので、ご注意ください。

清掃方法

1.水や専用洗剤でマットをたっぷり濡らします。

2.湿らせた雑巾やモップで拭き、汚れを集め取ります。

3.残った水気を雑巾又は吸水モップで拭き取ります。

お客様の声

タイヤ汚れも、掃除の手間も減りました

床がタイヤ痕で日に日に汚れていき、毎日の掃除だけでは追い付かない現状を何とかしたいと考えていました。リフトマットはタイヤ痕がマットにくっきりと付着するので床の汚れが減り、床掃除の手間まで減りました!

愛知県・食品メーカー様

汚れが広範囲に広がらなくなった

タイヤが与える衛生的な影響が気になり導入しました。屋内フォークリフト通路の出入り口に設置しています。粘着力も適当で、使用を始めてから汚れが広範囲に広がることがなくなり、満足しています。

千葉県・食品メーカー様

リフトマットの効果を実感できます!

生産エリアの全入り口に設置して運用しています。
しっかりとした粘着力で、タイヤ1回転でもほこりがしっかり除去されていると実感できます。

群馬県・医療電子機器メーカー様

パレットに付着した汚れの持ち込み防止に!

フォークリフトで荷物を搬入する際、土台となるパレット裏の汚れが工場内へ持ち込まれることに困っていましたが、マットにパレットを置くことで汚れが見事にリフトマットに転写し、監査でも高い評価を得ることができました。

広島県・化学メーカー様

導入実績

アサヒビール株式会社  株式会社明治  日清オイリオグループ株式会社  江崎グリコ株式会社
マルハニチロ株式会社  日本ハム食品株式会社  まるか食品株式会社  サントリービール株式会社
横浜乳業株式会社  株式会社イトーヨーカ堂  伯方塩業株式会社  高砂製菓株式会社  高橋ソース株式会社
HOYA株式会社  ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社  JA全農岐阜  株式会社コスメロール
パーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ株式会社  レック株式会社  ワタミ株式会社
上野製薬株式会社  日本化薬株式会社

ラインナップ

★ はじめての方にオススメ
品番 サイズ(mm) 厚さ(mm) 詳細 価格(税込)
LM01-10006 900×600 3.0 リフトマット+モップ+クリーナー+スロープ(900×60mm)2本 48,400円
LM01-10007 1200×900 リフトマット+モップ+クリーナー+スロープ(1200×60mm)2本 90,200円
LM01-10008 1800×1200 リフトマット+モップ+クリーナー+スロープ(900×60mm)4本 173,800円
品番 サイズ(mm) 厚さ(mm) 価格(税込)
LM01-10001 900×600 3.0 使用面:グリーン
設置面:ブルーグリーン
38,500円
LM01-10002 1200×900 77,000円
LM01-10003 1800×1200 154,000円
LM01-10004 2400×1200 204,600円
LM01-10005 3600×1200 308,000円
品番 サイズ(mm) 厚さ(mm) 価格(税込)
LM01-10009 900×600 3.0 使用面:グリーン
設置面:ブルーグリーン
49,500円
LM01-10010 1200×900 96,800円
LM01-10011 1800×1200 193,600円

よくある質問

交換目安はどれくらいですか? 
使用頻度や設置場所の環境にもよりますが、1~2年に1度の交換を推奨しています。
濡れているような場所でも使用できますか?
濡れることで本来の粘着力が弱まり、効果が出ません。 水や油で濡れた状態を避けて、乾いた環境でご使用ください。
どのような場所に設置するのが良いですか?
屋内用重量運搬車(フォークリフト・ハンドリフト・AGV等)の直進通路に設置すると効果的です。 細かいほこりが舞いやすい場所や、毛髪、糸くずなどが落下する可能性のある場所が良いです。